乳歯から始めておくべき正しいブラッシング

乳歯を守る正しいお手入れ法とは

>

正しいブラッシングを身につけさせる

乳歯が生え揃う時期を見て

乳歯が生え揃うと、今度は永久歯への生え変わりが始まります。一般的には6歳の頃に臼歯と呼ばれる最初の永久歯が生えてくると言われていますが、これが大変柔らかく、しかも虫歯になりやすい性質があるため、注意しなければなりません。
そこで大切なのがブラッシング。単なるブラッシングでは歯の全てをキレイにすることが出来ませんから正しいブラッシングを身につけることが大切です。
正しいブラッシングとは、歯の一本一歩裏も表もキレイに磨けていること、歯茎と歯の間の汚れもしっかり落とせること。また隅々まで歯ブラシを歯に当てることが出来ることなのですが、大人でもこの正しいブラッシングが見についていない方もいる等、難しいものです。
そこで大切なのは、日々のブラッシングチェック。毎日、親がしっかりチェックしてあげましょう。

チェックする方法とは

まずはお子さん自身にブラッシングを覚えさせること、そしてそれが上手にできているか、親御さんが見てチェックしてあげましょう。隅々までキレイにブラッシング出来ているか、汚れは残っていないか等は確実にチェックすべきポイントです。
その他、ブラッシングの癖などは無いかも見てあげましょう。例えば右側だけ強く磨く癖がある、また前歯はしっかり磨くけれど、奥歯の磨き残しがある等、ブラッシングの癖が身についてしまうと、将来虫歯を引き起こす可能性が高まります。
正しいブラッシングを身につけるには、毎日チェックしてあげる、親の愛が必要になるということ。正しく磨けているかを見てあげることは、子供の将来の安全にもつながっているのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る