乳歯から始めておくべき正しいブラッシング

乳歯を守る正しいお手入れ法とは

>

生え始めで大切なのは習慣化

ブラッシングを開始する時期

離乳食が終わり、様々な物を口にし出すのが1歳の頃。この頃になると少しずつ乳歯が生え揃い始める頃です。完全に乳歯が生え揃うのはおおむね3歳頃とされていますから、この1歳から3歳の頃というのが乳歯の生え揃いの時期となります。
この時期には、少しずつブラッシングに慣れさせることが大切。例えば最初は、親御さんが歯ブラシを持ってブラッシングしてあげることとなりますが、歯磨き粉等は使わず、水で優しく撫でるようにブラッシングしてあげることです。
大人の歯と違い乳歯はとても柔らかくできています。また子供の歯や歯茎はとても敏感。力を入れると痛みを伴うこともあるため、ブラッシング嫌いを避けるためにも、力加減には注意してあげましょう。

自分で行う楽しみを

乳歯が生え揃う時期にはブラッシングを自分で行えるように習慣化させることも大切です。最初は親にしてもらうことが当たり前だったことでも、少しずつ自分でやりたがるようになります。この時期に少しずつ楽しませてあげることが大切です。ブラッシングは大切なもの、そして楽しいものなのだと覚えさせることで、子供は自発的にブラッシングをするようになります。
例えば自分でキレイにできたときにはご褒美を上げる。父親と母親、交互に見てあげることでスキンシップを図り、子供が楽しんでブラッシングをするような環境づくりをする等、自発的にブラッシングに挑めるような環境に配慮しましょう。
子供の好きなキャラクターデザインの歯ブラシとコップを用意してあげることでも、モチベーションを上げる効果があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る