乳歯から始めておくべき正しいブラッシング

乳歯を守る正しいお手入れ法とは

>

健康的なお口の習慣化に大切な乳歯の時期

小さなお子さんの乳歯を見つけたら

お子さんのお口の中を見てみましょう。一般的には6か月を過ぎる頃に、前歯の下に最初の乳歯が生え始めると言われています。歯のような白いものが生え始めたらお手入れの始め時です。
とはいえまだまだお口の中がデリケートな時期。ブラッシングではお口の中を傷つけてしまうこと、また痛みを感じてしまうことがあります。痛みがあるとお子さんは意識してしまい、今後、ブラッシングに対して抵抗を感じてしまうため注意しましょう。
最初の乳歯をみつけたら、綿棒やガーゼでふき取るように汚れを拭うことから始めてください。歯磨き粉等は使う必要がありません。水で湿らせた綿棒やガーゼを使い、優しくクルクルとなぞるようにお口の中を掃除するだけで十分です。力加減も弱く、拭うよりも撫でるような力加減が最適でしょう。

乳歯ケアのタイミングは

またお口の中を拭うタイミングは、あまり何度も行わないことです。1日に何度も繰り返すとデリケートなお子さんのお口ではガーゼや綿棒の繊維がこすれてしまい、お口の中の皮膚に炎症を起こすことがあります。お手入れのタイミングは大人と同様に食後のタイミングでお手入れするのが最適です。
飲食の後には、湿った状態の方が良いでしょう。水を飲ませた後等、お口の中を湿らせた状態にあると歯の汚れが落ちやすく、力を入れる必要がないのでこちらもオススメ。
綿棒やガーゼでお口を拭う際、小さなお口の中に手を入れることもあり、親御さんは真剣になりがちですが、これも気を付けましょう。子供は親の表情を見ています。真剣な顔は時に怖さを感じてしまうことも。笑顔で語りかけながらお口の中を掃除してあげると、子供もマウスケアに対する不安を感じなくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る