乳歯から始めておくべき正しいブラッシング

乳歯を守る正しいお手入れ法とは

健康的なお口の習慣化に大切な乳歯の時期

乳歯が生え始めたらお手入れの合図。でも小さなお子さん自身が乳歯を手入れするというのはまだまだ先のこと。親御さんが気にして配慮してあげることが大切です。そこで生え始めた乳歯のブラッシングはどのようにすれば良いのか、まずは最初のお手入れ法についてご紹介します。

乳歯の生え始めは丁寧なふき取りから

お子さんの乳歯が生え始めたのを確認したなら、その歯を守るためにブラッシングを覚えさせることは大切。歯の健康は毎日の歯磨きの習慣化で保つことが出来るのです。また子供にブラッシングを教える際には、単に歯磨きを教えるということだけでなく、健康の大切さを教えていることも忘れてはいけません。
ただ、乳歯はいつか永久歯に生え変わるものだし、そんなに難しく考える必要は無さそうという意見もあります。たしかに乳歯は6歳を過ぎた頃から生え変わり永久歯になりますが、この永久歯は乳歯の下に存在しているもの。つまり乳歯に問題があれば、その下の永久歯にも影響が及ぶ可能性もあるのです。
とくに乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く、柔らかい性質であるため、永久歯よりも虫歯になりやすい傾向にあります。しかも子供はまだ正しいブラッシングを身につけていない時期。ですから乳歯は問題が生じやすく、そのため正しいブラッシングを身につけることは、将来のお口の健康に直結する重要な問題でもあるのです。
親としては重要な問題。とはいえ何から始めたら良いのか分からないということも多いもの。そこでこちらでは正しい乳歯のブラッシングについてご紹介します。
乳歯が生え始めた頃は、まだ1本しかないから大丈夫と思いがちですが、それは間違い。1本でも乳歯は乳歯。将来のためには重要な土台となるものです。またお子さんにも習慣化を身につけるために、コツコツとケアすることを覚えさせてあげましょう。とくにこちらではお子さんの成長段階に合わせて適切なブラッシングをご紹介します。

生え始めで大切なのは習慣化

乳歯を健康に保つことは、将来健康的なお口の状態を維持するために大切です。そのために必要なのは習慣化。そのために重要なのは乳歯が生え揃うタイミングでブラッシングを習慣化させることにあります。そこでどんなタイミングで習慣化させる必要があるのか、まとめました。

正しいブラッシングを身につけさせる

ブラッシングを覚え始めたら、今度は正しいブラッシングを身につけさせる必要があります。もちろん、歯医者さんなどプロによる指導を受けることは大切ですが、お家での毎日のケアにも配慮してあげることが重要。大切なのは親がチェックしてあげること、そして褒めてあげることです。

TOPへ戻る